みんなの肌潤風呂をリピートしています 入浴後の乾燥を防いでお肌しっとりに!

最近は非常に寒い日が続きますね…。
湿度も低い状態で、昨日の東京は湿度が10%台の時間帯もあったようです。

2人の子どもたちは寒い中でも元気いっぱいですが、お肌はまだまだ薄いので乾燥が続くとすぐカサカサになります。
そこで我が家では、お風呂に入りながら保湿ができるみんなの肌潤風呂を使用しています。
11月頃にお試しで始めたのですが、気に入ってもう3回くらいリピートしていますよ^^

>>みんなの肌潤風呂のお申し込みはこちら

入浴による過乾燥からお肌を守る、みんなの肌潤風呂

20151026_2

みんなの肌潤風呂は、その名の通り子どもから大人まで安心して使える入浴剤です。
お肌を清潔で健康な状態に保つためには毎日の入浴が欠かせませんが、その一方で入浴はお肌を乾燥させてしまうというジレンマがあります。
確かに、お風呂あがりはすぐに保湿しないと顔がパリパリの状態になってしまうことからも分かりますね。

みんなの肌潤風呂は入浴後もお肌の保湿を保つため、以下の5つの特徴を備えています。

1.天然温泉成分である別府ミョウバン温泉の湯の花を配合
2.熟成させて、ガスを封じ込める独自の特殊技術
3.温泉ミネラル成分たっぷりな水分を砂糖のチカラで角質層に届ける
4.潤いを逃がさず包み込む潤い保湿ヴェール成分を配合
5.肌の違和感や刺激の原因である塩素を除去

商品の生産には貴重な湯の花を使用したり、特殊な技術を採用しているため大量生産ができないそうです。
使ってみて気に入ったら、お得な定期コースやまとめ買いコースに切り替えてもよいですね。

毎月届く10%オフお試しコースを利用しています

20151026_6

我が家では、月に1度みんなの肌潤風呂が届く10%オフお試しコースで購入しています。
一袋が600g入りと大容量で、決められた容量で使えば1ヶ月持つため経済的ですね。

発送には送料が別途必要なため、そろそろ3ヶ月ごとにまとめて届く15%オフ基本コースに切り替えようかなと思っています。

人数に応じた使用量が分かる計量スプーン付き

20151026_4

みんなの肌潤風呂には、家族の人数に適した量が正確に分かる計量スプーンが付いてきます。
写真だと中に入っていますが、届いた時は別々になっています。

20151026_3

みんなの肌潤風呂の効果的な使い方を以下にまとめました。

使用のめやす
単身用ユニットバスの場合(170L程度):1回20g(付属スプーンの1/3)
一般家庭の浴槽の場合(255L程度):1回30g(付属スプーンの半分)

お湯の温度
38~40度くらいのぬるめのお湯が適しています

効果的な入浴法
保湿成分が入っているため、浴槽から出たら洗い流さずにタオルで拭くだけがおすすめ

注意点として、保湿剤が入っているため浴槽がすべりやすくなることがあります。
特に小さなお子さんには気を付けてあげてください。

柑橘系の爽やかな香り

20151026_5

4人家族の我が家では毎回30gで使用しています。
成分にオレンジやレモン、グレープフルーツのオイルが配合されているので入浴中は柑橘系の爽やかな香りで癒されますよ。

3歳の息子はお肌がガサガサでもボディクリームを付けるのを嫌がるため、入浴のみで保湿ができるのはとても助かります。
今年に入ってからはまだ皮膚科に行かずに済んでいるので、しばらく続けてみようと思っています^^

みんなの肌潤風呂は、北の快適工房ウェブサイトからお申し込みできます。
用途に応じて10%オフお試しコースや、15%オフ基本コースなどが選べますのでぜひチェックしてみてくださいね。
>>みんなの肌潤風呂はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です