ニールズヤード ナチュラル UVプロテクション 今年イチオシのオーガニック日焼け止めです

最近ではすっかり夏の陽気になり、出かける時は紫外線対策が欠かせなくなりました。

私は顔用とからだ用でUVクリームを使い分けているのですが、そのどちらでも使えてお気に入りなのがニールズヤードレメディーズのナチュラル UVプロテクションです。

今年の春に新登場したアイテムで、すでに人気商品となっていますよ。

>>新登場!ニールズヤード ナチュラル UVプロテクション

オーガニック成分でしっかり紫外線をカット!

ナチュラル UVプロテクションはハーブエキスをベースに、お肌への負担を軽減しながらしっかりと紫外線対策をしてくれる新しい日焼け止め乳液です。
SPF30 PA+++のUVカット効果があり、日常生活はほぼカバーできます。

オーガニック認定機関のソイル・アソシエーション認証を受けている商品で、成分にもこだわって作られています。
まず紫外線カット成分として使われているのは、天然ミネラル由来の紫外線散乱剤

日焼けの原因となる紫外線B波(UVB)や、肌の奥まで届いてシミやしわの原因となる紫外線A波(UVA)の両方をカットして、素肌を守ります。

そして日差しによる乾燥からお肌を守るのは、天然のUVケア成分であるオーガニック植物オイル
インドに生育しUVケア効果のあるカランジャオイル、天然UV吸収機能でお肌を守るモンゴンゴオイルを配合しています。

全成分:水、酸化亜鉛、シンジオフィトンラウタネニ核油*、アンズ核油*、シリカ、グリセリン、クロヨナ種子油*、ラウリルグルコシド、ビサボロール、ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2、トコフェロール、ポリヒドロキシステアリン酸、ベンジルアルコール、フェネチルアルコール、レブリン酸、ヒマワリ種子油、アラビアゴム、アロエベラ葉汁*、キサンタンガム、ラベンダー油*、シャクヤク根エキス、ウメ果実エキス、ユキノシタエキス、アニス酸Na、レブリン酸Na、オレンジ果皮油*、レモングラス油*、パチョリ葉油*、クエン酸、安息香酸Na、ソルビン酸K (*オーガニック成分)

爽やかなアロマの香りでUVケアが癒しの時間に

ナチュラル UVプロテクションのもう一つの特徴は、その爽やかな香りにあります。

ニールズヤードのエッセンシャルオイルでもおなじみのラベンダー・パチュリー・レモングラス・オレンジが使われていて、UVケアをしながらアロマとしても楽しめます。

お肌に塗った感想としては、最初レモングラスの香りが強く出ますが徐々にラベンダーの香りへと変化していく印象を受けました。
オーガニック成分なので香りがしつこく残ることはなく、すごく使いやすいです。

化粧下地や首、うでなどのUVケアにもオススメ

ナチュラル UVプロテクションは顔とからだの両方に使えます。
化粧下地として使う場合は、パール2粒ほどを手に出して顔全体に塗っていきます。

さらっとして少量でもよく伸び、お肌になじむとほぼ白浮きしません。

なのでこの後にリキッドファンデーションやBB・CCクリームを重ねても化粧崩れしにくく、一日快適に過ごせますよ。

私はナチュラル UVプロテクションを毎日ポーチに入れて持ち歩き、首や腕の日焼け止めクリームとして使っています。
顔は上からファンデーションやパウダーでカバーできるのですが、体はそのままだと夏の日差しを直接浴びてしまうのですよね…。

写真のように体に塗っても白くなりにくいので目立たず、今の季節は重宝していますよ。
もう一本ストックを買って、夏の旅行にも持って行く予定です。

ナチュラル UVプロテクションはニールズヤードの公式オンラインショップから購入できます。
詳しくはこちらから、ぜひチェックしてみてくださいね。