メディカルハーブ検定に合格しました

先月受験したメディカルハーブ検定に合格しました~!
ハーブに関する記事を書く上で取っておきたい資格だったので、無事に受かってほっとしています^^;

合格後の資格の活用と、受験した時の様子についてお伝えしますね。

届いたのは合格証書と協会の冊子など

私が受験したのは3月1日(日)です。
約1ヶ月後の今日、郵送で合格証書と協会の冊子やパンフレットが入った封書が届きました。

20150403_2

こちらが合格証書です。周りにハーブのイラストが載っていてかわいい^^
メディカルハーブ検定は入門的な位置づけの資格ですが、実際に証書をもらうと嬉しいものですね。

20150403_3

一緒に入っていたのは、日本メディカルハーブ協会が発行する冊子とメディカルハーブコーディネーター研修プログラムのお知らせです。
協会に入会した上で所定の研修を修了すると、メディカルハーブコーディネーターとして認定されます。

会員になるとハーブに関する勉強会やセミナーへの参加や、薬用植物園の見学が可能になるそうです。
ハーブの世界は奥深くて、最近は上位資格のハーバルセラピストも受けてみたいなと思い始めているので入会する予定です。
コーディネーターの資格ももらえますしね^^

メディカルハーブ検定の受験体験記

さて、メディカルハーブ検定を受験した時の様子についても書いておきます。

検定が受けられるのは札幌・仙台・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・福岡の全国8カ所で、神奈川の私は東京会場である東京農業大学世田谷キャンパスになりました。

当日は…何と大雨^^;
東京農大は用賀駅からバスで行けるので安心していたのですが、雨のせいかバスがなかなか来ず、会場に着いたのは試験開始の30分前でした。
予定では1時間前に着くつもりだったんですけどね…

そして驚いたのが、受験する人の多さ!
かなりの人数を収容できる大教室がいくつも埋まっていたので、こんなにたくさんの方が受けるんだな~と思いました。

受験者層は女性が9割ほどで、若いお姉さんが多かったかな。
私くらいの主婦っぽい人も結構来ていましたよ。

テストはマークシート方式で、終了後は問題用紙も全て回収されます。
内容は…易しくはないけど、検定テキストの内容が頭に入っていれば対応可能といった感じですね。

メディカルハーブにはそれぞれ主要成分や作用などがあるのですが、この部分を理解していないと問題を解くことができません。
私はハーブごとに特徴をまとめたノートを作り、対策問題集を3回解いて対応しました。
自然療法の歴史についての出題もあるので、ちょっと学生に戻った気分になりましたよ^^

メディカルハーブの知識があると、何となく飲んでいたハーブティーの成分も分かるようになるので選ぶのが楽しくなります。
検定は年に2回行われるので、興味のある方はぜひ協会のウェブサイトで調べてみてくださいね。

検定対策にオススメのテキストは、こちらで紹介しています。
>>メディカルハーブ検定を受けることにしました ハーブの基礎知識が学べます